子育て情報サイト「Kid’sねっと」

 

Kid’sねっとでは、和泉市の子育てに関する行政サービスを分かりやすく紹介しています。知っておくと便利な行政サービスや、子育ての情報集めに、「Kid’sねっと」をぜひご活用くださいね。まずはどんな行政サービスが使えるのかを「子育てガイド」で見てみよう!

Kid’sねっと

子育てガイド

妊婦歯科検診

妊婦さんと生まれてくる赤ちゃんのための歯科検診

妊娠中は、唾液がネバネバし、歯肉から出血しやすい状態になります。むし歯菌や歯周病菌を持たない赤ちゃんに、菌をうつさないよう、妊娠中にお口の中の環境を見直しておきましょう。

妊婦歯科検診

父子健康手帳

お父さんになるための準備をしよう

妊娠・出産・育児…。どれも初めてのことなのは、お母さんだけではなくお父さんも同じです。新しい家族を迎えるために、妊娠~出産~育児について、まずは知ることから始めてみましょう。

母子健康手帳・父子健康手帳

出生・転入の記念に

オリーブ・ブルーベリー等の苗木をプレゼント

和泉市では、平成31年度末までに市の人口と同じ18万本の植樹を行う「いずみいのちの森プロジェクト」に取り組んでいます。お子様の健やかな成長を願い植樹してみませんか。苗木と一緒に記念プレートもお渡ししています。

出生届や転入届の記念にいかがですか

赤ちゃんの駅

ママと赤ちゃんの休憩所

外出時にオムツ替えや授乳が必要になった時に、身近な場所が利用できます。赤ちゃんの駅は、赤ちゃんとお母さんのためのホッとできる場所です。保育園や幼稚園では、育児相談や施設見学も気軽にしていただけます。

赤ちゃんの駅

ブックスタート

図書館から赤ちゃんに絵本をプレゼント!
赤ちゃんは抱っこが大好き。抱っこのぬくもりとやさしい語りかけがお子さまの心の成長をうながします。和泉市では、4か月児健康診査の際、絵本を1冊プレゼント。親子のスキンシップに絵本を活用してみませんか。

▶和泉市立図書館(ブックスタート)

 

泉州北部小児初期救急広域センター

お子さんの休日や夜間の急病時も安心

休日や夜間において安心して小児の救急医療が受診できるように、泉州地域の病院で体制を整えています。

泉州北部小児初期救急広域センター

保育所(9週から5歳まで)

就労などのため、家庭で保育のできない保護者に代わって、保育所でお子さんをお預かりします。                              

                                ▶保育園・認定こども園

認定こども園(9週から5歳まで)

幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持ち、教育と保育を一体的に行うとともに、地域の子育て支援も行います。

                                ▶保育園・認定こども園

幼稚園

利用できる保護者の制限はなく、園により教育時間前後や園の休業中の預かり保育などを実施しています。

                                       ▶幼稚園

病後児保育(保育園等に通園中の児童)

病気回復期の保育園児・小学3年生までの児童に

保育園等に通園中、また小学3年生までの児童が病気(主に感染病)やケガの回復期に、老木レディスクリニック内「病後児保育バンビーニ」でお預かりします。

病後児保育

病児保育(生後6か月から小学3年生)

病気期の保育園児・小学3年生までの児童に
保育園等に通園中、また小学3年生までの児童が病気やケガなどで集団保育が困難なとき、一時的になかじまクリニック内「病児保育室ポっぽ」でお預かりします。

 

いずみファミリー・サポート・センター

子育てを地域みんなで助け合い

育児の援助をしたい人と育児の援助を受けたい人をつなぎます。依頼会員の対象は、おおむね生後2か月以上から小学校3年生のお子さんをお持ちの方です。

いずみファミリー・サポート・センター

ショートステイ(18歳未満)

一時的にお子さんの養育が難しくなった時に

保護者の方が病気や看護、冠婚葬祭、出産などで一時的にお子さんの養育が難しくなった時、母子が緊急一時的に保護を必要とする場合、1日24時間、7日以内の範囲で利用できます。

ショートステイ・トワイライトステイ

トワイライトステイ(小学生のみ)

午後6時以降、10時までのお預かり

小学生対象のひとり親家庭などにおいて、帰宅が遅くなり、生活指導や家事の面がむずかしい場合、児童養護施設 信太学園などでお預かりします。

ショートステイ・トワイライトステイ

一時預かり

保護者の就労や出産、看護、災害などでお子さんの保育が難しくなった時に、一時預かりを実施する保育所又は認定こども園で一時的にお預かりします。

対象となるお子さんは6ヶ月~就学前で、原則保育所又は認定こども園、幼稚園に在籍していない方です。

一時預かり

特定不妊治療費助成

お子さんを望まれるご夫婦のために(要件あり)

大阪府特定不妊治療費助成の承認を受けている方に、1回5万円を上限に市からも助成を行います。これは本市独自の制度であり、大阪府の中でもとりわけ充実した内容になっています。

経済的負担を軽減し、安心して不妊治療ができるよう応援しています。

特定不妊治療費の助成をします

児童手当の支給

中学校修了まで

年3回に分けて、3歳未満は月額15,000円、3歳以上中学校修了まで10,000円が支給されます。(所得、児童数により月額は変わります。)

児童手当

児童扶養手当の支給

ひとり親世帯が対象(所得制限あり)

ひとり親世帯の生活の安定と自立の促進のため、児童が18歳になり最初の3月31日を迎えるまでの期間支給されます。

児童扶養手当

こども医療費助成

通院医療は小6・入院医療は中3まで(所得制限なし)

市では、通院医療・入院医療は6歳児までの大阪府による助成を、より安心してこどもを育てられるよう、拡充しています。 (自己負担:月2日まで1日500円)

こども医療費助成制度

ひとり親家庭医療費

ひとり親世帯が対象(所得制限あり)

18歳になり最初の3月31日を迎えるまでのひとり親世帯に対し、医療費の一部を助成します。 (自己負担:月2日まで1日500円)

ひとり親家庭医療費助成制度

私立幼稚園保育料補助金

府知事に認可を受けて設置された私立幼稚園に通う4歳・5歳児で、幼稚園就園奨励費に該当しない場合、年額30,000円(途中入退園者は月割り)を交付します。

幼稚園・就園奨励

幼稚園就園奨励費

幼稚園に通うお子さんの通園費をサポート

公立幼稚園(3・4・5歳児)や府知事に認可を受けて設置された私立幼稚園(満3から5歳児)に保育料等の減免・補助を行います。

幼稚園・就園奨励

幼児用自転車乗車用ヘルメット購入助成

自転車で転んだとき頭を保護します

4か月児健診対象児の保護者に購入助成券を郵送します。市が指定する自転車店で購入する際2,000円が割引されます。

和泉市幼児用自転車乗車用ヘルメット購入助成について

「子育て応援サークル」の活動を応援!

子育て中の方もそうでない方も、みんなで子育てを応援

現在、市内を拠点として活動する「子育てサークル」が広く市民を対象として子育て支援対策に有効であると認められる事業を実施する場合に補助を行っています。

子育てサークル

助産施設入所制度

生活保護世帯や市府民税非課税世帯の妊産婦に助成

出産費用の負担がむずかしい妊産婦に対し、指定の助産施設(市内では、大阪府立母子保健総合医療センター、府中病院、咲花病院)での出産費用を助成します。

助産施設入所制度

すこやか訪問

健診に来られなかった方に

子育てに関する相談に乗ることができる保健師や保育士が、4か月・1歳半・3歳半健診に来られなかった方のご家庭を訪問します。

子育てなんでも相談センター

ちょっと気にかかること・心配なことがあれば…

子育てに関するあらゆる悩み、学校のこと、児童虐待に関することなど、気になることはなんでもお気軽にご相談ください。

家庭児童相談

エンゼルハウス・子育て支援センター

市内に10か所あるつどいの広場

保育園に併設の子育て支援センターでは保育士が、エンゼルハウスでは子育て経験のあるスタッフが、保育園や幼稚園に通っていない子どもたちと保護者の方をお待ちしております。

地域子育て支援センター

ふたば幼児教室・第2ふたば幼児教室

ことばや発達の気がかりをサポート

ことばや発達など気がかりのあるこどもが、生活をする上で必要な力を身につけるため、お母さんやお父さんと一緒に通室することができる就学前までの親子教室です。

ふたば幼児教室

障がい児の生活を支援

生活する力を高め、集団生活に慣れるために

児童が生活する力を高める訓練をしたり、集団生活を送ったりする上で関わる人(先生等)に訪問支援員が専門的な支援を行います。

障がい児通所支援サービスの利用について

支援が必要な子どもたちへ

支援が必要なこどもの保育園での受け入れ(3歳児から)

3歳児からは、親の就労等の有無に関わらず、支援が必要な子どもは、保育園に入園することができます。事前の面談が必要です。